会社情報

沿革

創業者 浅野総一郎

創業者 浅野総一郎

当社は、“日本のセメント王”浅野総一郎が興した「浅野セメント株式会社川崎工場」として1917年に操業を開始しました。その後、1928年に高炉セメントの製造を開始し、1941年に「日本高炉セメント株式会社」として独立。1949年に「第一セメント株式会社」に社名変更。2003年に骨材を取り扱う中央商事株式会社と合併し現社名に変更。幾多の変遷を経て、建設資材サプライヤーとして今日に至っています。

大正9年建設中のセメントサイロ(浅野セメント(株))

大正9年建設中のセメントサイロ
(浅野セメント(株))

昭和30年代のミキサー車(第一セメント(株))

昭和30年代のミキサー車
(第一セメント(株))

吉野工場事務所(中央商事(株))

吉野工場事務所
(中央商事(株))

吉野工場全景(中央商事(株))

吉野工場全景
(中央商事(株))

1917年7月
(大正6年)

浅野セメント株式会社(現・太平洋セメント株式会社)の川崎工場として操業を開始

1941年2月
(昭和16年)

浅野セメント株式会社と日本鋼管株式会社(現・JFEスチール株式会社)の共同出資により日本高炉セメント株式会社として分離独立

1949年2月
(昭和24年)

第一セメント株式会社設立

1949年7月
(昭和24年)

第一セメント株式会社
東京証券取引所の市場第一部に上場

1954年9月
(昭和29年)

中央商事株式会社設立

1967年6月
(昭和42年)

中央商事株式会社
吉野事業所を新設し、骨材の生産販売開始

1968年7月
(昭和43年)

第一セメント株式会社
日本セメント株式会社(現・太平洋セメント株式会社)にセメントの委託販売開始

1981年8月
(昭和56年)

中央商事株式会社
市原事業所を新設し、骨材の生産販売開始

1996年11月
(平成8年)

中央商事株式会社
日本証券業協会に株式を店頭売買有価証券として登録

2003年10月
(平成15年)

第一セメント株式会社と中央商事株式会社が合併し、株式会社デイ・シイ発足

2005年2月
(平成17年)

株式会社三好商会と資本業務提携を締結

2005年3月
(平成17年)

エバタ株式会社と資本業務提携を締結

2007年3月
(平成19年)

エバタ株式会社を株式公開買付けにより子会社化

2008年8月
(平成20年)

大東コンクリートヒダ興業株式会社を子会社化
エバタ株式会社を完全子会社化

2008年10月
(平成20年)

DCM生コンホールディング株式会社を設立、神奈川太平洋生コン株式会社を子会社化

2008年11月
(平成20年)

藤沢生コン株式会社へ資本参加

2010年2月
(平成22年)

東亜コンクリート工業株式会社を子会社化

2010年9月
(平成22年)

国見山資源株式会社を共同出資により設立

2011年12月
(平成23年)

厚木生コン株式会社を共同出資により設立

2013年3月
(平成25年)

野田生コン株式会社を完全子会社化

2015年3月
(平成27年)

インドネシア共和国に合弁会社PT.Soil Tek Indonesiaを設立

2016年4月
(平成28年)

三盟産業株式会社が三栄開発株式会社を吸収合併し、商号をDC千葉資源株式会社に変更