絵でわかるデイ・シイ 道路、橋、ビル・・・。暮らしに欠かせないセメントとコンクリート

SCROLL

名前は知っている「セメント」、実際どんなもの?

セメントの主原料は石灰石と粘土類。首都圏にある川崎工場で作られています。

石灰石 粘土類・産業廃棄物

セメントの原料が各地から工場に運ばれてきます

株式会社デイ・シイ 川崎工場

01 原料工程

原料が均一に混ざるように、ミルで細かく粉砕します。

産業廃棄物 石灰石	粘土類 調合・粉砕 原料ミル

02 焼成工程

調合された原料は、予熱装置で温められた後、高温で焼かれます。

予熱 800~900℃ 焼成 1000~1450℃ ロータリーキルン サスペンションプレヒーター

03 仕上工程

再度、均一に粉砕するとセメントができあがります。

粉砕 仕上ミル

04 完成

できあがったセメントはサイロに貯蔵されます。

セメントサイロ

05 出荷

生コンクリート工場や各地の工事現場へ届けられます。

  • セメント事業
  • 環境事業
  • 製造工程

「セメント」と「コンクリート」の違いって何ですか?

セメントと骨材と水を混ぜ合わせると生コンクリートになります。

骨材(砂・砂利など) 掘削 洗浄 分級 貯蔵 山や丘陵を掘削して砂・砂利を採取します。 採掘した砂・砂利を洗浄して泥や不純物を取り除き、決められた粒の大きさにふるいわけます。
セメント

生コンクリート工場

各材料を計量し、ミキサーで練り混ぜます。これらすべての作業は、コンピューター管理されています。

セメントサイロ ミキサー 骨材サイロ 操作室
セメント×骨材×コンクリート デイ・シイグループは一貫して供給できる体制を整えています。
  • 資源事業
  • 生コンクリート事業

「セメント」は環境にやさしいのでしょうか?

セメントはリサイクルの優等生なんです。

工事現場 家庭 下水 工場 建設発生土 産業廃棄物(汚泥等) 廃プラスチック 01 原料工程 セメント原料に利用 02 焼成工程 燃料に利用 03 仕上工程 暮らしを支える資材へ再利用

デイ・シイは廃棄物の再資源化の技術で、低炭素社会、資源循環型社会の構築を目指しています。

  • 環境事業
  • セメント事業
  • 製造工程

デイ・シイは首都圏を中心に各事業展開しています。
“最大消費地”首都圏の真ん中に位置してお客様とともに、人々の暮らしとともに。

本社 セメント事業 環境事業 資源事業 生コンクリート事業

デイ・シイは輸送力や設備を効率的に活用し、お客様のニーズに即応できる体制を整えています。

事業所・関係会社

ここにも、そこにも、その未来にも

株式会社デイ・シイは人々の暮らしをこれからも支えてまいります。